うすき節電チャレンジ 2022夏

節電にご協力ください。

7月1日より、全国に節電要請が出されました。
皆様の省エネ・節電へのご協力をお願いいたします。

うすきエネルギーは、「うすき節電ポイント」で皆様の節電の取り組みを応援します。

1.うすき節電チャレンジの内容

■なぜ「節電」なの?

今夏の電力需給は、全国で瞬間的な需要変動に対応するために必要とされる予備率3%以上を確保しているものの、厳しい見通しです。また、大規模な発電所のトラブルが発生した場合、安定供給ができない可能性が懸念されます。加えて、ロシアによるウクライナ侵略などの影響により、石油、天然ガス、石炭等の調達リスクの高まりが生じています。

万が一、停電が起こってしまった場合、生活・事業への様々な影響が懸念されています。
国民生活、経済活動に支障のない範囲において節電へのご協力をお願いします。

政府は、需給ひっ迫時には、「電力需給ひっ迫注意報」「電力需給ひっ迫警報」を発令します。九州電力管内に注意報や警報が発令された時には、緊急対応を行っていただくようお願いいたします。特に需給がひっ迫する時間帯は15:00~20:00ごろです。

九州地方の電気需給状況は、下記ページよりご確認ください。
でんき予報(九州電力送配電)
https://www.kyuden.co.jp/td_power_usages/pc.html

■緊急節電チャレンジ(1kWhあたり50ポイント)

2022年8月1日~9月30日のうち「電力需給ひっ迫注意報」または「電力需給ひっ迫警報」発令時には、うすきエネルギーからメールにて「節電のお願い」をお送りします。発令日の対象時間帯(主として15:00~20:00)の消費電力量を減らしてください。ただし、健康に悪影響がない範囲での取り組みをお願いします。暑い日には、エアコンを使用してください。

注意報・警報発令時には、前日(もしくは当日)にうすきエネルギーから電子メールで「節電のお願い」を送信させていただきます。また、公式LINEに友達追加していただくと、メールに加えて、LINEにて「節電のお願い」のお知らせをさせていただきます。「マイページ」の電力消費データを参考に、取り組みを実施してください。

注意報・警報発令日の対象時間帯の消費電力量が普段の使用量(※)を下回った場合には、下回った量に応じて1kWhあたり50うすき節電ポイントを進呈します。取組の結果と獲得したポイント数は、翌営業日以降にメールにてご案内を差し上げます。

(※資源エネルギー庁「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するガイドライン」のうち「代替ベースライン High 4 of 5 (当日調整なし)」に基づき算出。直前5日間のうちご契約者様のご家庭・事業所で消費電力量の多かった4日間の平均が基準値となります。)

緊急時の取り組み例

  • エアコンの冷やし過ぎに注意し、無理のない範囲で設定温度を上げる。
  • 不要な照明を消す
  • 冷蔵庫の冷やしすぎを避け、扉の開け閉めの回数を減らす
  • テレビや使っていない家電製品などのうち、緊急性の低いものは使わない
  • 洗濯機やドライヤーは、この時間帯を避けて使う。
  • この時間にIHクッキングヒーターや電子レンジ、炊飯器などを使わない料理にしてみる

2.対象や参加方法

■対 象

うすきエネルギーのご家庭向けプラン(従量電灯B、うすき応援でんき など)や小さな事業所向けプラン(従量電灯C、従量電灯C(スマートプラン)、低圧電力プランなど)のご契約者のうち、お申し込みいただいた方。

■参加方法

規約をご確認いただき、下のフォームからお申し込みください。実際には節電の取り組みを実施できなくても、消費量が増えてしまっても、不利益は一切ありません。ぜひご協力をお願いします。(受付期間:2022年7月22日~9月10日 お早めにお申し込みください)

■ポイント付与の時期と還元方法

2022年10月に、8~9月の期間中に「緊急節電チャレンジ」で獲得したうすき節電ポイントの集計を行います。うすき節電ポイントは、1うすき節電ポイントあたり1円として、全てのポイント付与後の直近の電気料金計算の折に、電気料金の割引に適用させていただきます。なお、ポイントによる電気料金割引上限額は1契約につき1,000円もしくは割引適用される月の電気料金のうち少ない額とし、ポイントを持ち越すことはできません。割引したポイント数は、電気料金計算書に掲載してお知らせします。

PAGE TOP